演出

ゲストハウスにはどんな歴史があるの?時代と共に変化してきたその経緯とは

ここ数年で「ゲストハウス」という言葉を頻繁に耳にするようになりました。

日本のゲストハウスのルーツやどのように変化して現代のように広く使われるようになったのか気になっている人も多いのではないでしょうか?

この記事では、「ゲストハウスにはどんな歴史があるのか」「ゲストハウスがどのように変化してきたのか」という疑問について解説していきたいと思います。

ゲストハウスの歴史

諸説ありますが、日本のゲストハウスのルーツというのは沖縄や京都にあるといわれています。格安で宿泊することが可能な施設として多くの人達に親しまれてきました。

2000年頃のゲストハウスというのは安価で宿泊するための施設というのが一般的です。ですが2010年頃からゲストハウスに変化があらわれ始めました。

今までは安価で宿泊するためというイメージがあったゲストハウスが古民家やホテルのような施設が増えていきました。

それにより宿泊する人達にも変化があらわれ、旅行者や海外から宿泊される方など幅広く利用されています。

ゲストハウスも時代と共に変化している

ゲストハウスとは安価で宿泊することが可能な宿泊施設というイメージが強いと思います。
近年のゲストハウスというのは旅館や古民家のような風情のある建物やホテルのようなハイクオリティな施設が増えてきているようです。

さらにカフェテリアのような落ち着きのあるお洒落な空間を提供している、ゲストハウスも出てきています。

さらにゲストハウスは全国的に展開しているので様々な方達にご利用していいただくことが可能です。

ゲストハウスの需要は尽きることがなく、様々な人に長く親しまれている憩いの場ともいます。

日本と海外のゲストハウスの違い

日本と海外のゲストハウスでは様々な違いがあります。日本では一泊2,000円から3,500円というのが一般的ですが海外では約100円前後で宿泊することが可能です。

海外のゲストハウスは建物自体が広いことが多く、中庭やBBQセットが備え付けられているゲストハウスもあります。

日本のゲストハウスの場合はカフェテリアが設置されていることが多いです。朝食の有無は違いがあるので、注意しましょう。

ゲストハウスを利用することのメリット

・安価で宿泊することが可能
地域により違いはあるものの、一般的にゲストハウスの素泊まりした場合、一泊の価格は2,000円から3,500円といわれています。

連泊するごとに割引やクーポンなどを提供してくれるゲストハウスもあり、長期的な宿泊をする場合にコストを抑えることが可能です。

・穴場や隠れた名所などの情報を入手できる
ゲストハウスに宿泊するメリットとして、ゲストハウスのスタッフや宿泊客から様々な地域の情報を聞くことができます。

場合によってはガイドブックやパンフレットには掲載されていないマニアックな情報を入手することが可能です。

プランを組まずに旅をする人やバイクでツーリングする方などに非常におすすめといえます。

・個性あふれるゲストハウスに出会える
ゲストハウスとはオーナーの個性が大きくあらわれる施設です。
宿泊するだけの施設という印象が強いかもしれませんが、オリジナリティあふれるゲストハウスばかりです。

ホテルや旅館というのは一定のテーマに沿った宿泊施設が多いですが、ゲストハウスには決まったテーマがありません。

それにより親近感の湧く、家のようなゲストハウスやワクワクするようなテイストのゲストハウスなど個性豊かなアイディアであふれています。

まとめ

ここまでゲストハウスの歴史やゲストハウスの詳細についてご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか?

ゲストハウスにはそれぞれ個性があり、格安で宿泊できる施設や落ち着きのあるゲストハウスなど様々です。

ゲストハウスにはメリットが沢山あり、ゲストハウスを求めて旅する人や宿泊を楽しみに旅行を楽しむ人など、これからも需要がなくなることはありません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です