演出

ゲストハウスの魅力とメリットについて!ホテルや旅館との違いは?

ゲストハウスという言葉が頻繁に使われるようになったのはここ数年の話なので、実際に泊まったことがある人もまだまだ少ないのが現状です。

おそらく多くの人は、「最近よく聞くようになったけど、そもそもゲストハウスって何?」と思っていることでしょう。

ホテルとも旅館とも違うその宿泊施設は、いったいどの様な施設で、どのような魅力があるのでしょうか?

この記事では、そんな「ゲストハウス」の概要や魅力、宿泊するメリットなどについて解説していきたいと思います。

ゲストハウスってどんな宿泊施設なの?

ゲストハウスといっても、厳密に「施設内にこの設備が設置されていなければいけない」という決まりはありませんが、ホテル・旅館・簡易宿所という種類の中では「簡易宿所」に該当します。

有名なところだと、カプセルホテルも簡易宿所に該当します。

大まかな施設概要としては、ドミトリーと言われる相部屋(男性専用、女性専用などで分かれていることも多い)で、バスルームやトイレなどは共同であることがほとんどです。

その他にも、ホテルや旅館などと歯違い、キッチンや交流スペースのあるゲストハウスも多いのが特徴です。

ゲストハウスの魅力やメリット

ゲストハウスがどんな宿泊施設なのかは何となくお分かりいただけたかと思いますが、「相部屋は嫌だな」と感じる日本人がほとんどのはずです。

まさにその通りで、ゲストハウスの利用者はかなり「外国籍」の人が多く、日本人だと独身の男女が宿泊する程度であるのが現状なのです。

しかし、ゲストハウスの魅力やメリットを知ってしまうと、「そんな魅力やメリットがあるなら泊まるのもありかな」と思うはずです。

ゲストハウスの魅力やメリットとして挙げられるのは、

・宿泊費用が安い

・Wi-Fiが完備されている

・宿泊者同士で交流ができる

・従業員やオーナーさんとも仲良くなれる

というようなことです。

ホテルや旅館では、1泊6,000円以上(都市部であれば1万円以上は当たり前)なのに対して、ゲストハウスは3,000円程度(都市部でも5,000円程度)で宿泊することができます。

長期滞在や一人旅の場合には、宿泊費にあまりお金をかけられない場合が多いので、ゲストハウスを選択することでかなり出費を抑えることができるのです。

また、ほとんどのゲストハウスでは、Wi-Fiが完備されているので、翌日の行動や目的地などをネットで調べることもできます。

そして、宿泊費が安いという特徴と同じくらい魅力的なのが、「宿泊者同士で交流ができる」という点です。

前記した通り、ゲストハウスは独身の男女や外国籍の人が多く宿泊しているので、キッチンや交流スペースなどで仲良くなれたりもするのです。

ゲストハウスでの交流がきっかけでグローバルな人脈をたくさん築き上げ、将来に活かすこともできますし、単純に様々な国の語学に触れるだけでも大きな刺激になるはずです。

ゲストハウスは、ホテルや旅館などに比べるとかなり小規模な施設となりますので、従業員やオーナーさんとも仲良くなることも多々あり、一人旅であっても楽しむことができるのです。

ゲストハウスはどんな地域にあるの?

ゲストハウスは、ここ数年で件数が急増していて、全国各地で運営されていますが、特に東京や大阪、名古屋、札幌、福岡といった都市部、そして有名な観光地などに多く存在しています。

楽天トラベルやじゃらん、トリバゴといった宿泊施設検索サイトなどで「ゲストハウス」と検索すれば数多くのゲストハウスが出てきますし、目的の地名も併せて検索すれば自分にピッタリなゲストハウスが探せるはずです。

まとめ

ゲストハウスは、宿泊費用が安かったり、宿泊者同士で交流が出来たりするなど大きな魅力やメリットのある宿泊施設だという事がお分かりいただけたかと思います。

特に1人旅や2人旅の若者であったり、日本人以外の国籍の人と仲良くなりたいという人には最高の環境だといえます。

旅行では必ずホテルや旅館に泊まるという人も、ぜひ次回はゲストハウスに宿泊してみてはいかがでしょうか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です