演出

旅行のスタイルとニーズの変化

20年以上前では旅行に行くとなれば旅行会社が提供しているパッケージツアーで旅行に出掛けることが多かったのではないかと思います。近年は、旅行会社が提供する、決められた場所に行くことしかできないパッケージツアーではなく、旅程に全く制約がなく、好きな食事をして好きな宿に宿泊できる個人主体の旅行形態を好む傾向にある。

この記事で個人主体の旅行を好むかを解説していきたいと思います。

パッケージツアーのメリット

・団体料金が適用されお得な旅行になっている

・個人での訪問が不可能な場所を見学できる

・旅行中トラブルに遭った場合の対処や責任は旅行会社が負ってくれる

・出発から帰路まで案内してくれる

上記のように至れり尽くせりのパッケージツアーが主流の旅行スタイルでしたが近年の旅行スタイルでできることが増えたことにより旅行ニーズの変化が起こりました。

・旅行中の情報検索

・スマホやインターネットでの予約購入

・個人行動型(宿泊と交通手段を別々に購入、同行者との現地集合・解散など)の旅行

一番大きいのは情報検索ができることが最大の変化でした。情報がない場合はやはりパッケージツアーに頼ってしまうことは多々ありました。

ニーズの多様化と個人旅行志向の高まり

人々のニーズの多様化による個人旅行志向の急激な高まりである。海外旅行のリピーターをはじめとする旅行者はこのように団体でまとまってみな同じ行動をとるよりも、個人の自由をより尊重する形の旅行が増えている。旅行者は飛行機の航空券や列車やバスの乗車券、宿泊施設などを自ら決定し、手配して旅行する。このようなニーズの多様化や旅行者の増加の背景には、インターネットなどの情報源の充実がある。人々は大量の情報を通して、観光地などの情報をより深く、より多く知ることができるため、それに伴い旅行に求めるものも大きく、多くなっていく。更に、航空会社やホテルなどのサプライヤーによる直販体制もインターネットの進展によってより安易なものになったため、個人旅行が身近なものになっている。

しかし、この旅行にもデメリットはある。まず時間と手間と料金がかかる。すべて自分で手配するため、下調べから申し込みにいたるまでに多くの時間と手間がかかるがそれができる人は調べて旅行に行くことも旅の思い出のひとつとなるから。

「見る旅」から「体験する旅」への変化

観光地に旅行に出掛け観光スポットを回る旅行スタイルが主流でした。近年は「見る旅」から「体験する旅」へと志向が変化し盛りだくさんな旅(数多くの観光地を巡る盛り沢山な旅)より、じっくり楽しむ旅(自分の趣味や興味のある分野をじっくり堪能できる旅)を志向していますが自分の趣味や興味のある分野をじっくり堪能できる旅を志向しています

まとめ

旅行は人々を癒したり、新しい刺激を与えたり、また国際交流を促進するきっかけになったりと、人々にさまざまな影響をもたらす非常に重要な余暇活動である。旅行者により満足できる充実した旅行を提供するため、ニーズを敏感に察知し、できる限り多くの選択肢を提供するという、個人志向に対応した旅行が求められている。また、国内旅行でも海外旅行でも同じことが言えるのではないかと思います。また、宿泊先の変化も大きく関係しているのだと思います。
ホテルや旅館が主流でしたが、小規模施設でありながらオシャレ空間や和風空間など選択肢がどんどん広がってきていることも旅行をするうえで大切なことだと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です