演出

若者だけではないゲストハウスをもっと利用しよう

ゲストハウスという言葉が頻繁に使われるよるになったのはここ数年のはなしなので、実際に泊まったこともある人もまだまだ少ないのが現状です。

おそらく多くに人は「若者や外人が利用する」と思っていることでしょう。

日本人はホテルや旅館に泊まることが主流になっているのでなかなかゲストハウスに宿泊してみようとは思わないと思います。

この記事では、そんな「ゲストハウス」の利用するメリットなどについて解説していきたいと思います・

若者や外国人が使う理由とは

ゲストハウスとは旅行者のための安価な宿泊施設の為、旅行費用を抑える若者や外国人が多く利用しています。

・宿泊費用が安い

・Wi-Fiが完備されている

・宿泊者同士で交流できる

・従業員やオーナーさんとも仲良くなれる

観光地ではたくさんのゲストハウスが隣接しており安価な価格で宿泊ができるので若者や外国人は「相部屋」でも利用しています。

若者や外国人以外の人が利用する魅力・メリットは?

日本でゲストハウスが広まったのはホテルや旅館に比べて歴史が浅いのが現状です。

されにホテルや旅館が主流だった方々には「相部屋は嫌だな」と感じる日本人がほとんどのはずです。

都会であればゲストハウスがたくさんありその分ホテルなどもたくさんあるので好きな場所を選択することができるので、ゲストハウスをおすすめしません。

ただ、都市以外の場所であれば観光地周辺には、ホテルや旅館がありますが選択肢は限られてきます。

ゲストハウスは小規模施設で運営が可能なため観光地ではない場所にでも点在しております。

観光ではないが帰省の途中にフラット滞在することもできますし、ホテルや旅館のようにしっかりした感じではなくオーナーさんそれぞれの特色のある宿泊施設です。

ゲストハウスの魅力とメリットとして挙げられます。

・小規模でオーナーの特徴があります。

・アットホームの空間が味わえます。

・宿泊費はさまざまです。

・個室が完備されている

・宿泊者・オーナーさんとも仲良くなれる

ホテルや旅館では観光を拠点とする場所にあるので観光後に宿泊するというスタイルで利用しているのではないのでしょうか?

ゲストハウスは観光ももちろんできるますが、ゲストハウスを楽しみに来るのも旅の魅力の一つではないのかと考えます。

安価なゲストハウスは若者や外国人が多いかと思いますが、個室完備で安価ではないところは若者や外国人の方はあまりいませんのでそんなゲストハウスがおすすめです。

郊外のゲストハウスではそれぞれの特徴があるのでそれを調べて訪れるのも旅のもう一つの楽しみではなりでしょうか?

ゲストハウスをうまく利用する

ゲストハウスの利用ポイントとしては、個室があることがおすすめします。

さらに家族でも利用できるゲストハウスはさらにおすすめです。お子様にもゲストハウスを体験するのも面白いと思います。

ホテルや旅館ですと部屋の滞在がほとんどになります。ゲストハウスはリビングスペースがあるのでそこでのんびりしたりすることができます。

さらに自炊などもできるので、食事も旅行プランに合わせて選択することができます。

まとめ

ゲストハウスは若者や外国人だけが利用するものではありません。どんな方々にも利用していただけるゲストハウスが増えてきております。

旅行プランに合わせて選択肢の一つとしてご利用していただけます。

最近ではオシャレなゲストハウスや古民家を利用したゲストハウスが増えてきております。

旅行の選択肢としてホテルや旅館以外にもご検討してみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です